冷蔵庫の下2段を冷凍・冷蔵・野菜に切り替えられる

こんにちは タケイ電器の熊崎です。

日立の冷蔵庫と言えば 真空チルドが有名ですが、

日立が1月24日に発表した冷蔵庫の新製品「ぴったりセレクト R-KX/KW57K」では その真空チルドルームが 無くなったのは

意外で驚きました。

真空チルドは空気が密閉された状態で独自の真空ポンプを使って機械的に空気を吸い出し、「真空」環境をつくることで、

食品の酸化や刺身などの栄養素の減少が抑えられ開けた時に「ぷしゅ~」と鳴る音が、真空状態から開放される効果音のように響くのと、

真空=酸化しにくいという、お客様に分かりやすい機能でした。

すべての冷蔵庫から 無くなったのではなく 定格内容積735Lと615Lの大容量冷蔵庫「R-WX74K/62K」だけは 搭載されています。

確かに お客様の中には 容量が不足してきたから 真空チルドルームも普通の冷蔵室として使っているという方も いらっしゃいました。

「真空チルドルーム」がなくなった「ぴったりセレクト R-KX/KW57K」シリーズ

新製品では、新たに「まるごとチルド」や「特鮮氷温ルーム」機能を搭載することで食材の鮮度を真空チルドとそん色ないレベルに保てるようにしてます。

まるごとチルドは、冷蔵室を独立して冷却できる日立ならではの「冷蔵室独立冷却」構造に、冷蔵室内の各棚に水分を多く含むうるおい冷気を送り込めるように三方に分岐する「新風路構造」を採用することで、庫内の温度を素早く約2℃にしてその温度をキープすることができます。

特鮮氷温ルームは、肉や魚などの食材に冷気を直接当てないようにして乾燥を抑え、かつ凍らないマイナス1℃ほどで間接冷却する。刺身などであれば約3日間、加熱調理用の肉や魚で7日間の鮮度を維持できます。

真空チルドルームに変わって 看板機能になるのが ぴったりセレクト R-KX/KW57Kシリーズの

長く使っている間に変化する家族構成や生活スタイルに合わせて冷蔵庫の下2段を冷凍・冷蔵・野菜に切り替えられる「ぴったりセレクト」という

製品名にもなっている機能です。

例えば、忙しい共働きや育ち盛りの子どもがいるファミリー層では下2段ともに冷凍にしたり、

年配層では野菜の出し入れがしやすいように野菜室は上段、冷凍室は下段にしたりと自在に切り替えられます。

内閣府の耐久消費財の買い替え状況によると、冷蔵庫の平均使用年数は12.2年(18年3月調査)と長いです。

使っている間に子どもが大学や就職で独り暮らしをするようなったり、働いている家族が転勤で単身赴任になったりと、

時間の経過と共に家族のライフスタイルは変わります。それに応じてレイアウトを変えられ、お客様のメリットの高い機能だと思います。

下2段を冷凍室として使用する例は極端かもしれないですが、その場合でも野菜は最上段の真空チルドルームがなくなった冷蔵室に入るようにしています。

The following two tabs change content below.
熊崎 潤一

熊崎 潤一

趣味:家庭菜園 家具製作
特技:カラオケ
自己紹介:少子高齢化が急速に進む これからの時代は リフォームや リノベーションが注目されるのは確実です。今までの経験と 勉強で お客様に寄り添える仕事ができるよう頑張ります。

ABOUTこの記事をかいた人

熊崎 潤一

趣味:家庭菜園 家具製作
特技:カラオケ
自己紹介:少子高齢化が急速に進む これからの時代は リフォームや リノベーションが注目されるのは確実です。今までの経験と 勉強で お客様に寄り添える仕事ができるよう頑張ります。