インターホンが鳴りっぱなしに・・・

こんにちは!

ここ数日しとしとと雨が降ることもあり、よく工事中に雨で濡れている、増田です。

夏だからと言って、雨に濡れたままでいると風邪を引く原因になりますので、

体を冷やしすぎない様にしないといけませんね。

さて今回は、突然家のインターホンが鳴りっぱなしになってしまった方のお話です。

 

お客様よりお電話を頂きましてお伺いしたところ、電池式のインターホン使用されていました。

確かに電池をはめると、音が鳴りっぱなしになってしまいます。

そこで、原因を探るために機器や配線をチェックしていると、

その電池をはめている部分が錆びているのに気が付きました。

そのことをお客様にお話したところ、

以前に使用していた電池で液漏れをしたことがあったそうです。

そして更に調査を進めると、電池の左側にあるモニターボタン(テスト用)が押されっぱなしになっていました。

電池が液漏れした際に、その液がボタンにもかかってしまっていたようです。

 

今回は機器を長く使用されていたということもあり、新品交換と相成りました。

乾電池の液漏れは、機器を壊す場合があります。

今回のような電池式のインターホンや各種リモコンなど、

押した時、押された時にしか電気が流れないような機器につきましては、

定期的に電池の部分を確認されることをオススメします。

リモコンが効かない!と思っていたら、既に電池が液漏れしているかも・・・

そうなってしまう前に、定期的にチェックしてみましょう。

使用期限を過ぎた乾電池は早めに入れ替えて、

新しい電池を使うことで液漏れのリスクを減らすことが出来ます。

みなさんも今一度、乾電池をチェックしてみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
増田 隆志

増田 隆志

趣味:パソコン・ゲーム
特技:楽器演奏
自己紹介:中津川工業高校卒のパソコン好き。趣味と実益を兼ねて、パソコンやインターネットの話なら何でもどうぞ。心配性なのがたまにキズですが、どうぞよろしくお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

増田 隆志

趣味:パソコン・ゲーム
特技:楽器演奏
自己紹介:中津川工業高校卒のパソコン好き。趣味と実益を兼ねて、パソコンやインターネットの話なら何でもどうぞ。心配性なのがたまにキズですが、どうぞよろしくお願いします。