エアコンの 豆知識

こんにちは タケイ電器の熊崎です。

 

8月も後半ですが 残暑が厳しいというか ようやく夏らしい天気になったような気がします。

タケイ電器では まだまだ エアコンを各種取り揃えて お客様を お待ちしていますので 是非ご相談ください。

今回はエアコンの 豆知識を 書かせてもらいます。

 

エアコンは、どのくらい使用できる?

国が定めている使用可能な年数(法定耐用年数)は、13年となっています。しかし、日頃の生活で頻繁に使用するエアコンは、使っているうちに中にホコリやカビ・ヤニなどが溜まってしまいます。フィルターの掃除やエアコンクリーニングなどをこまめにすることでエアコンの効きが悪くなったり、嫌なニオイがするのを防いだりすることができます。

 

エアコンってなぜ冷える?

注射の前にアルコールで消毒すると、ヒヤッと感じます。これはアルコールが蒸発をする時に熱を奪うからです。また、真夏に「打ち水」をしているのは、まいた水が蒸発する時に、地面や周囲から熱を奪う、つまり水の蒸発熱を利用した一種の冷房手段なのです。このように液体が気体になる(蒸発)により周囲の物体から奪う熱のことを蒸発熱といい、エアコンはこの原理を応用したものです。エアコンは、低温でも非常に蒸発しやすい液体を使用しており、この液体を“冷媒”(フロンガス)といいます。

 

代替フロンって何?

家庭用エアコンでは、“冷媒”としてフロンを使用しています。家庭用エアコン等に採用されているHCFC22(R22)は、冷蔵庫等の冷媒として使われていたCFC12冷媒(1995年に全廃)に比べ、オゾン層破壊係数は1/20程度ですが、地球環境保護の観点より2004年から大幅な生産削減が開始され、2020年に全廃されることになりました。そこで、オゾン層を破壊しないフロンとして開発されたのが代替フロンHFCです。(新フロンR32)エアコン業界各社は、この代替フロンを家庭用のエアコンの冷媒として採用しています。

 

エアコンから出てくる『水』は何?


部屋の暖かい空気がエアコンの中で冷やされる時に作られる水です。空気中の水分です。冷たい飲み物を入れたコップのまわりに水滴がつく原理です。室内の暑い空気が、室内機にある冷たい熱交換器に当たり水滴となり、その水滴が集まって部屋の外に流れているのです。

 

エアコンの設定温度は何度に設定するのが最適か?

国がすすめている設定温度は28℃です。経済産業省の調べによると、冷房の場合、設定温度を1℃高くすると、約10%の省エネにつながるそうです。真夏はエアコンをたくさん使うから、28℃くらいの設定を心がければ、省エネの効果があります。

 

エアコン基礎知識(買い換え編)

自動お掃除機能搭載、換気機能、再熱除湿、酸素供給、空気清浄とどんどん進化しているのが最近のエアコン。ただ冷やすだけの、クーラーと呼ばれていたものとは根本的に違います。また省エネ効率のアップにより、買い替えることでぐっと電気代をおさえることも可能になりました。

 

エアコンを買い換えたら、どれだけ電気代が安くなる?


エアコンの寿命は一般的には8~10年程度。これを越えると経年変化などで徐々に能力が落ちてきます。というわけで、10年前のエアコンを現在のエアコンに買い換えた場合のデータを各社が試算して発表しています。例えば10年前の日立の白くまくん(おもに14畳用)の年間消費電力は、約2544kWh。1kWhを22円として計算すると、年間55,968円の冷暖房費。これが最新のRAS-XC40G2だと、996kWhで年間21912円の冷暖房費。その差約34056円の節約。

これなら省エネタイプの上位機種を買っても、あっという間に元が取れてしまいますね。さらにこの計算には含まれない快適機能も最新機種では使えますので、さらに電気代を節約することも可能です。

 

エアコンによく付いているeのマークは何?


このマークはエアコンのエネルギー消費効率および、省エネルギー法目標基準値に対する達成率を表しています。つまりこのマークが付いているエアコンは省エネの一応の基準を満たしているという印。達成率が100%以上の場合は、マークは緑色。100%に達していない場合は、オレンジのマークが付いています。

 

The following two tabs change content below.
熊崎 潤一

熊崎 潤一

趣味:家庭菜園 家具製作
特技:カラオケ
自己紹介:少子高齢化が急速に進む これからの時代は リフォームや リノベーションが注目されるのは確実です。今までの経験と 勉強で お客様に寄り添える仕事ができるよう頑張ります。

ABOUTこの記事をかいた人

熊崎 潤一

趣味:家庭菜園 家具製作
特技:カラオケ
自己紹介:少子高齢化が急速に進む これからの時代は リフォームや リノベーションが注目されるのは確実です。今までの経験と 勉強で お客様に寄り添える仕事ができるよう頑張ります。