テレビはブラビア

こんにちは タケイ電器の熊崎です。

このたび 日立は 自社ブランドである薄型テレビ「Wooo」の国内販売を終了させ、日立の地域家電店である全国約4000店舗の日立チェーンストールでは今後、

ソニーの薄型テレビ「BRAVIA」を販売すると発表しました。

タケイ電器も これからは ソニーの「ブラビア」を販売していきます。

 

日立アプライアンスは1956年に白黒テレビの第1号製品を投入し、1960年には同社初のカラーテレビを発売。1968年には日本初のオールトランジスタカラーテレビ「キドカラー」を発売しました。

それまでの真空管を使ったテレビが、電源を入れてから画面が表示されるまでに時間がかかるのに対して、日立のテレビはトランジスタの採用により、電源をオンにすればすぐに画面が表示されることを特徴とし、それを示す「ポンパ」のブランドを採用。ブラウン管テレビ時代において存在感を発揮してきました。

2002年には「Wooo」ブランドの大画面テレビを発売。自社でプラズマパネルと液晶パネルを生産するという、積極的な技術投資および設備投資をしたものの、最終的には負の遺産となり、2009年にはプラズマパネルの生産から撤退。2010年にはテレビ用液晶パネルの生産拠点をパナソニックに譲渡。さらに、2012年8月にはテレビの自社生産を終了し、外部から調達したテレビをWoooブランドで販売をしてきました。

そして今回、Woooブランドテレビの国内販売を終了し、系列店ではWoooに代えてBRAVIAを販売することになります。

また、ソニーブランドのBDレコーダーやBDプレーヤー、サウンドバーをはじめとするホームシアターも、日立チェーンストールで販売されることになります。

 

日立アプライアンスの社長は 「お客様にテレビのより良い価値を提供することを検討した結果、ソニーのテレビを提供することを決めた」とし

「ソニーは黒物家電が中心であり、日立は白物家電が中心。ぶつかり合う部分が少ないことにくわえ、昨年度から保守領域で協業していた背景があった」と説明しました。

 

両社では2017年春から中国、四国、北海道などの国内一部地域の出張修理サービスにおいて、サービス体制を相互活用していて。夏場にはエアコンの修理が集中したり、年末にテレビの修理が増加したりする際には、両社のサービスリソースを相互に活用して、繁忙期でも迅速に修理対応できる体制を構築していた経緯があります。

テレビは家電メーカーにとって収益が確保しにくい商材となっているものの、「リビングの王様」としての位置づけは変わらない。また、今後家電同士が結びつくなかで、テレビを中心に据えて制御するという使い方も想定されます。

白物家電がIoT化したりAIを搭載したりするなかで、家電とテレビとの連動は避けられません。

今後、Android TVを採用しているソニーのBRAVIAと、日立の白物家電が、どんな形で連携するのか

私自身も注目して行きたいところです。

Android TV™機能の特長

The following two tabs change content below.
熊崎 潤一

熊崎 潤一

趣味:家庭菜園 家具製作
特技:カラオケ
自己紹介:少子高齢化が急速に進む これからの時代は リフォームや リノベーションが注目されるのは確実です。今までの経験と 勉強で お客様に寄り添える仕事ができるよう頑張ります。

ABOUTこの記事をかいた人

熊崎 潤一

趣味:家庭菜園 家具製作
特技:カラオケ
自己紹介:少子高齢化が急速に進む これからの時代は リフォームや リノベーションが注目されるのは確実です。今までの経験と 勉強で お客様に寄り添える仕事ができるよう頑張ります。