サーキュレーターの上手な使い方

こんにちは 中津川・恵那地区で 今 嵐のCMで話題の「凍結洗浄」する日立エアコンをお勧めしている タケイ電器の熊崎です。
1. 内部を凍らせ一気に溶かし、ホコリやカビを洗い流す。
毎日 うだるような暑さが続きますが 皆さん熱中症にならないように エアコンを上手に使って頂いていますでしょうか。

 

今回は サーキュレーターを利用して 賢く節電出来る方法を説明します。

 

まず 「サーキュレーターってなに?」と いう方に サーキュレーターのご説明をします。

ざっくり言いますと 直進性の風を発生させ空気を循環する性能に特化した家電製品です。

サーキュレーターと扇風機の違いは

サーキュレーター
空気を循環することを目的にしているもの。直線的で遠くまで届く風を起こす。
扇風機
人が涼をとるための風を起こすことを目的にしているもの。広範囲に幅広く風を送る。

 

サーキュレーターと扇風機はそれぞれ目的が違います。

そのため、エアコン使用時の空気循環により効果的なのはサーキュレーターです。

                関連画像

なぜエアコン使用時にサーキュレーターを利用することで 何が違うのかといいますと

エアコンを使用している時、暖房の暖かい風は上のほうに溜まり、冷房の冷たい風は足元に溜まります。
サーキュレーターは空気を循環することを目的としているものなので、直線的な風を起こし、室内の空気を循環させることができます。

空気を循環させることで、暖房時はあたたかい空気が下のほうに降りてきて同じ温度でもあたたかさを感じられるようになります。

冷房時は足元の冷たい空気が上のほうに上がってくるので、同じ温度でも涼しさを感じられるようになります。

それによって、エアコンの設定温度を必要以上に上げたり下げたりすることがなくなり、無駄な電気代を使わずに節約ができます。

エアコンの電気代を節約するためのサーキュレーターの使い方

エアコンを暖房で運転する時と冷房で運転する時は、サーキュレーターの運転方法やエアコンの風向きが違ってきますので ご注意ください
それぞれの違いは以下のようになります。

エアコン冷房時のサーキュレーターの使い方

冷房時、冷たい風は下のほうに溜まるので、エアコンの風向きは水平に設定します。

エアコンから出た冷たい風はゆっくりと下のほうに降りてきてやがて足元に溜まるので、サーキュレーターを天井に向けて回し、空気を循環させます。

空気を循環させることで涼しさのムラをなくし、体感温度が下がり、快適に過ごすことができます。

エアコン冷房時
エアコンの風向き:水平に設定
サーキュレーター:天井に向けてまわす

エアコン暖房時のサーキュレーターの使い方

暖房時、暖かい風は上部に溜まるので、エアコンの風向きは下向けに設定します。

下に向かって吹き出された暖かい風はゆっくりと上に上がっていき、やがて上部に溜まるので、サーキュレーターを天井に向けて回し、空気を循環させます。

天井に溜まった暖かい空気を下のほうに送ることができ、体感温度が上がり快適に過ごすことができます。

エアコン暖房時
エアコンの風向き:下向きに設定
サーキュレーター:天井に向けてまわす
サーキュレーターを持っていないけれど扇風機ならある、という場合は、扇風機でも代用ができます。
扇風機もサーキュレーターと同じように天井に向けて運転することで室内の空気を循環させることができます。

今買うなら、サーキュレーター機能付き扇風機がオススメ!

日立扇風機・スリムファン

さまざまなシーンの心地よさにこだわった機能を充実。 DCモーター搭載のハイエンドモデル。

最近の扇風機は、人が涼を取るための心地よい風と、サーキュレーターとして使用するための直線的な風の切り替えができる機種が多く登場しています。
冬でも首振り角度を90°上向きにしてサーキュレーターとして使用することができるので便利。

1台で1年中使うことができるので、サーキュレーターの購入や扇風機の買い替えを検討している人は、

サーキュレーター機能も備えたDC扇風機もオススメですよ。

夏も冬も使えるサーキュレーターは、1台あると便利です。
ご購入の際は 是非 タケイ電器を ご利用ください おまちしております。
The following two tabs change content below.
熊崎 潤一

熊崎 潤一

趣味:家庭菜園 家具製作
特技:カラオケ
自己紹介:少子高齢化が急速に進む これからの時代は リフォームや リノベーションが注目されるのは確実です。今までの経験と 勉強で お客様に寄り添える仕事ができるよう頑張ります。

ABOUTこの記事をかいた人

熊崎 潤一

趣味:家庭菜園 家具製作
特技:カラオケ
自己紹介:少子高齢化が急速に進む これからの時代は リフォームや リノベーションが注目されるのは確実です。今までの経験と 勉強で お客様に寄り添える仕事ができるよう頑張ります。