エアコンの賞味期限、買い替え時のポイントは?

こんにちは 「お客様に寄り添い それぞれの暮らしや 季節にあった快適な生活を提案し続ける タケイ電器」

の 熊崎です。

買い替え時の判別が難しいのが家電ではないでしょうか。

壊れてしまったら すぐに買い替えることを考えると思いますが、

「性能が落ちた気がする」とか「使えるけど不具合が増えてきた」など

買い替えに踏み切れない場合もあるはずです。

そこで、今回はエアコン家電の“賞味期限”についてかきます。

 

 

情報が2004年3月に調査が終了してしまったため ちょっと古いですが、

総務省「消費動向調査」の「主要耐久消費財の買替え状況」の中の、家電の買い替え期間は以下のようになっています。

・冷蔵庫:約10.1年(故障で買い替える率は約59.7%)
・洗濯機:約9年(同約76.2%)
・掃除機:約7.4年(同約87.6%)
・エアコン:約10.9年(同約69.3%)
・テレビ:約9.8年(同約72%)
これを見ると買い替えのサイクルは7~10年程度ですが、その約6~9割が故障による買い替え、つまり壊れて泣く泣く買い替える状況となっている様です。
壊れ方はそれぞれだと思いますが、冷蔵庫やエアコンの場合は、心臓部であるコンプレッサーの不具合によって冷えが悪くなるトラブルが考えられます。
エアコンは夏に向けてフル稼働させたい家電です。故障してから困らないように今のうちにチェックしておきましょう。

家電の中で最も省エネ化が進むエアコン

エアコンは、数十年前から省エネ研究がかなり進んでいるため、十数年前のエアコンから買い替えたとしても、

ほかのジャンルの家電のように「電気代が半額になる」といったほどの大幅な省エネ効果は期待できません。

しかし吹き分け機能はアップしているので、快適性や実際の使い勝手はかなり向上しているものが多いんです。

「カビ臭さ」と「風の吹き分け」が買い替え時のサイン

掃除では解消されない「カビ臭さ」

最近のエアコンでは、エアフィルターが目詰まりしてエアコンの効きを悪くするのを防ぐために、フィルター自動掃除機能

を搭載しているモデルが多いです。

自動掃除機能がないモデルでも、フィルターなら室内機のフタを開け、掃除機などを使ってホコリを吸い取ったり、

フィルターを水洗いしたりするだけで問題が解消される事もあります。

古くなったエアコンで大きな問題となるのが「カビ臭さ」です。フィルターの奥にある熱交換器(アルミの板がたくさん並んでいる、室内機の心臓部ともいえるもの)の間には、運転中に絶えず風が通っているため、ホコリや汚れ、カビなどが付着しやすく これはフィルター掃除だけでは解消できないので、エアコン洗浄スプレーなどを使って自分で掃除したり、専門業者に洗浄を依頼しない限り、カビ臭さが取れることはありません。

もし何度洗浄してもカビ臭さが取れないのであれば、そろそろ買い替え時です。

最近のモデルでは日立「白くまくん」「凍結洗浄」(熱交換器を結露・凍結させてから温めて汚れを洗い流す機能)のようにユニークな機能を搭載したモデルも登場しています。そのほかんんいも、汚れが付着しにくいコーティングを施しているモデルもあるので、より長く快適に過ごせると思います。

 

 

左右に風を吹き分けるフラップや、上下に吹き分けるルーバーがうまく動かなくなってきたら、買い替え時のサインと思ってもいいでしょう。

もちろん「そのまま使っていても大丈夫」というのであればそれも一つの手ですが、

より快適に過ごしたければ修理もしくは買い替えが必要になります。

購入から7~8年経過しているのであれば、買い替えがお勧めします。

タケイ電器に いつでもご相談ください。

The following two tabs change content below.
熊崎 潤一

熊崎 潤一

趣味:家庭菜園 家具製作
特技:カラオケ
自己紹介:少子高齢化が急速に進む これからの時代は リフォームや リノベーションが注目されるのは確実です。今までの経験と 勉強で お客様に寄り添える仕事ができるよう頑張ります。

ABOUTこの記事をかいた人

熊崎 潤一

趣味:家庭菜園 家具製作
特技:カラオケ
自己紹介:少子高齢化が急速に進む これからの時代は リフォームや リノベーションが注目されるのは確実です。今までの経験と 勉強で お客様に寄り添える仕事ができるよう頑張ります。