エアコンが大雪の日に効かない! そんなトラブルの事前回避法と対処術

こんにちは タケイ電器の熊崎です。今年も

昨シーズン、中津川でも20センチを超える積雪を記録した際に、「エアコンが効かなくて困っている」といった問い合わせがタケイ電器にありました。その中でも多かった内容が「エアコンから暖かい風が出てこない」「運転開始から5分くらいで止まってしまい、しばらくすると、また運転を開始する」「室外機から湯気が出ている」「室外機から異音がする」といったものでした。

これらのトラブルは室外機の周りに雪が積もり、吸い込み口や吹き出し口をふさいでいるため発生するケースや、室外機に付着した雪を溶かす「霜取り運転」によって発生しているケースが多いです。そのため室外機の周りのスペースをあけておくことが重要です。

大雪によるエアコントラブルの多くは、室外機の状態や環境が原因です。

まず大雪の予報があった場合は、雪が積もりにくいように、事前に室外機の周りが物でふさがれていないかを確認してください。空気の吹き出し口である室外機前面、吸い込み口である室外機の側面と背面をふさがないようにしておく事が大切です。

関連画像

そして大雪が降った場合は、室外機の吹き出し口と吸い込み口をふさいでいる雪を取り除く

室外機の上に積もった雪も取り除き、室外機の周りは30cm程度あけるようにして下さい。もしエアコンに不調があった場合は、雪を取り除いた後に電源プラグを抜くか、ブレーカーを切って電源を一度入れ直し、その後リモコンで運転を再開させると良いです。

室外機は、熱を含んだ屋外の空気を吸い込み、冷たい空気を吹き出しているため、吸い込み口がふさがっていると、空気を効率的に吸い込むことができなくなってしまいます。また 夏にも言えることですが 吹き出し口がふさがっていると、室外機から吹き出された空気を、室外機が再び吸い込んでしまう「ショートサーキット」という現象が起こることもあります。

「ショートサーキット」が起こると、屋外の熱を効率よく取り込むことができず、電気代が高くなってしまうばかりか、暖房運転が停止してしまうことがあります。

The following two tabs change content below.
熊崎 潤一

熊崎 潤一

趣味:家庭菜園 家具製作
特技:カラオケ
自己紹介:少子高齢化が急速に進む これからの時代は リフォームや リノベーションが注目されるのは確実です。今までの経験と 勉強で お客様に寄り添える仕事ができるよう頑張ります。

ABOUTこの記事をかいた人

熊崎 潤一

趣味:家庭菜園 家具製作
特技:カラオケ
自己紹介:少子高齢化が急速に進む これからの時代は リフォームや リノベーションが注目されるのは確実です。今までの経験と 勉強で お客様に寄り添える仕事ができるよう頑張ります。