複数の宅配物を受け取れ、集荷依頼もできる「宅配ポスト」

こんにちは タケイ電器の熊崎です。

共働き世帯やネット通販利用者の増加に伴い、宅配ボックスの需要は高まっていると思いますが、戸建住宅用の宅配ボックス普及率は

わずか1%未満という状態のようです。

しかしながら、宅配ボックス設置意向者の半数が1日に複数回の荷受けを経験し、3分の1が集荷依頼を希望していることが、リクシルさんの調べで分かっています。

また 宅配物の再配達が社会問題にもなっています、国土交通省の調査によれば、2017年の宅配便個数は42億個、そのうち約2割再配達という状況です。

さらに再配達時のトラックが排出すCO2は42万トンにもなり、環境問題としても深刻と言えると思います。

そこで リクシルさんは、ユーザー、EC事業者(Amazonや楽天などで買い物をするときを思い出していただくとわかりやすいと思います、ECとはインターネッ

ト上で契約や決済を行い、物やサービスを売買することの総称)、宅配業者が抱える問題を解決し、戸建てのポストを宅配ポストに変え

普及率をアップさせるべく、「スマート宅配ポスト」を10月1日に発売します。

 

IoT宅配ポスト「スマート宅配ポスト」

ボックスカラーが3色、フレームが6色、全18通りのカラー展開で、様々な環境にマッチできるデザイン。

専用スマートフォンアプリは、アップデートが可能なほか、ボックス本体やホームユニット内のプログラムもアップデート可能です

写真の「スマート宅配ポスト」は、郵便ポスト、インターホン、カメラ、表札の機能を盛り込み、周囲をフレームで囲ったものだが、「宅配ポスト」単品を地面へ据え置きしても利用できます。

 

 

外扉と宅配ボックス部の内扉をオープン

宅配ボックス上部の、郵便ポストの内扉をオープン

郵便ポスト部と、操作パネル。パネル部にもカメラを搭載する

青や赤のLEDを搭載する操作パネル

操作パネル説明

門柱部のインターホンにもカメラを搭載

カラー違いの「スマート宅配ポスト」

ポストの投函部を手でオープンしたところ

ボックス背面上部のアンテナ格納部は、樹脂製だという

発売後は、効率的な宅配に関する関する実証プロジェクトを進めていくという

 

ご興味のある方は タケイ電器に ご相談ください。 お待ちしております。

 

 

The following two tabs change content below.
熊崎 潤一

熊崎 潤一

趣味:家庭菜園 家具製作
特技:カラオケ
自己紹介:少子高齢化が急速に進む これからの時代は リフォームや リノベーションが注目されるのは確実です。今までの経験と 勉強で お客様に寄り添える仕事ができるよう頑張ります。

ABOUTこの記事をかいた人

熊崎 潤一

趣味:家庭菜園 家具製作
特技:カラオケ
自己紹介:少子高齢化が急速に進む これからの時代は リフォームや リノベーションが注目されるのは確実です。今までの経験と 勉強で お客様に寄り添える仕事ができるよう頑張ります。