火災報知器を取り替えてきました。

こんにちは タケイ電器の熊崎です。まだまだ寒い日が続き 空気が乾燥してますので 皆さん体調など崩されていないでしょうか?

空気が乾燥していると ウイルスが蔓延することは もちろんですが 火災も増えます。

火災対策として 平成18年6月1日に 火災報知器の設置が義務づけされたのを 覚えていますでしょうか。その本体機器交換目安は約10年です。

そろそろ皆さんのご家庭の火災報知器も交換時期ではないでしょうか?

交換時期を過ぎると センサーの感度が悪くなり 正常な動作をしなくなったり 電池切れになる可能性があります。

何よりも大切な お客様の命を お守りするためにも 早めの交換をお勧めします。

 

約9年前に付けて頂いた 火災報知器です

DSCN7208

 

今回付け替えさせて頂いた 火災報知器です。(キッチンの天井は熱感知器をお勧めします)

 

WS000001

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
熊崎 潤一

熊崎 潤一

趣味:家庭菜園 家具製作
特技:カラオケ
自己紹介:少子高齢化が急速に進む これからの時代は リフォームや リノベーションが注目されるのは確実です。今までの経験と 勉強で お客様に寄り添える仕事ができるよう頑張ります。

ABOUTこの記事をかいた人

熊崎 潤一

趣味:家庭菜園 家具製作
特技:カラオケ
自己紹介:少子高齢化が急速に進む これからの時代は リフォームや リノベーションが注目されるのは確実です。今までの経験と 勉強で お客様に寄り添える仕事ができるよう頑張ります。