三菱電機の全部入り4Kテレビ「RA1000」登場!

こんにちは タケイ電器の熊崎です。

いよいよ明日から 新K放送が始まります。 各メーカーで4K対応のテレビが 発売されているのは ご存知だと思います。

三菱電機からも、4K液晶テレビ“REAL 4K”の新モデルである「RA1000」リーズ(以下、RA1000)が発表されました。

パネルのサイズ別に58型・50型・40型をラインアップし、すでに2018年10月に発売されています。

三菱電機のREALシリーズといえば、テレビ本体にBDレコーダーを内蔵するという“全部入り”仕様が特徴です。

テレビ単体で番組録画ができ、さらにBD/DVDタイトルも楽しめるのが魅力の“わかりやすいテレビ”という地位を築いています。

そんなREALシリーズが、2018年12月のBS/CS 4K放送開始を前に、“わかりやすさ”を維持しながら4Kに全方位対応しました。

このRA1000シリーズについて、その特徴を紹介します。

新しいRA1000シリーズは、58型の「LCD-A58RA1000」(右)、50型の「LCD-A50RA1000」(中央)、40型の「LCD-A40RA1000」(左)の3機種をラインアップ。

 

新REAL 4KはBS/CS 4Kチューナー内蔵! 4K放送の視聴も録画も1台でできる

ご存知の方も多いと思います 4K放送を視聴するためには、別途チューナーを用意する必要があります

新しいRA1000は、最初からBS/CS 4K受信チューナーを内蔵しているのが大きなポイントです。

別途チューナーを用意することなく、テレビ単体でBS/CS 4K放送をすぐに視聴できます。しかも、2基の4K受信チューナーを搭載するので、4K放送の裏番組録画も可能です。また、従来の地上/BS/110°CSデジタルチューナーも3基搭載しています。

▼HDD内蔵タイプだから、テレビ本体に4K放送を録画できる

REALシリーズの特徴として、テレビ本体にHDDを内蔵する点があげられます。もちろんRA1000もその例に漏れず、2TBのHDDを内蔵しています。

つまり、別途HDDレコーダー等を用意しなくても、テレビ単体で4K放送番組の録画が行えるます。公式では、4K放送は最大で約126時間分を録画可能とのことです。ちなみに、別売の外付けUSB-HDDを接続しての録画も行えます。

地上波放送の視聴中に4K放送を裏番組録画するといったこともできます。

2018年8月21日時点で発表されている4Kテレビのうち、2基の4K受信チューナーを内蔵するのはRA1000のみ2018年8月21日時点で発表されている4Kテレビのうち、2基の4K受信チューナーを内蔵するのはRA1000のみ

▼内蔵BDドライブも4K対応! Ultra HD Blu-rayを再生可能に

もうひとつ、テレビ本体にBDドライブを搭載することもREALシリーズの特徴です。

RA1000で大きな話題なのは、この内蔵ディスクドライブがUltra HD Blu-ray(4K Blu-ray)の再生に対応したことです。テレビ単体でUltra HD Blu-rayの再生が行える製品はRA1000だけとなります(2018年8月21日時点)。

BDドライブを搭載しHDDを内蔵するので、“BDレコーダーを搭載するテレビ”と言える ↑BDドライブを搭載しHDDを内蔵するので、“BDレコーダーを搭載するテレビ”と言えるREALシリーズ

↑REALシリーズ初のUltra HD Blu-ray対応。ディスクを入れれば自動で再生が始まるので、小さな子どもでも簡単に使えるのがポイントです

ちなみにこのディスクドライブ部を使って、RA1000の内蔵HDDに録画した番組を、市販のBDディスクにダビングすることもできます。なお、4Kの録画番組は2K画質にダウンコンバート(下位格へ変換)してのダビングとなります。

さらにBDレコーダーのほかにSDカードスロットも装備。SDメモリーカード内の撮影動画を内蔵HDDに取り込んで、BD/DVDディスクへダビングするといった使い方もできます。ビデオカメラユーザーにはうれしい便利機能です

内蔵HDDもディスクドライブも取り外せる構造になっているので、万が一故障しても個別修理が可能です

 

 

三菱ならではのDIATONEスピーカーで音声も聞き取りやすい

REALシリーズは、三菱電機独自のDIATONEスピーカーを搭載することで、映像のクオリティと同時に音声の聞き取りやすさにもこだわっています。RA1000も、内部に独自の「DIATONE NCVスピーカー」を搭載しています。。

カーボンナノチューブ配合のNCV振動板を採用した口径4cmのツイーターと、12.6×5.9cmのウーハーを左右に1基ずつ搭載する2ウェイ4スピーカー構成で、透明感のある高音域と豊かな低音域の再現を図った。出力は10W+10Wを確保している。

こちらがスピーカーユニットの実物。左がツイーター、右がウーハーとなる。カーボンナノチューブ配合のNCV振動板によって、チタンに匹敵する高い伝播速度と紙同等の適度な内部損失を両立するという独自開発構造

スピーカー部のエッジ部分にゴールドの配色を施し、プレミアム感も演出スピーカー部のエッジ部分にゴールドの配色を施し、プレミアム感も演出

 

音声機能としては、人のセリフを聞き取りやすくする新機能「声ハッキリプラス」にも対応しています。これは、左右チャンネルの音声を分析して人の声と背景音を分離させ、背景音の音量を下げて、声の帯域だけを強調するというものです。

「声ハッキリプラス」は、ニュースやバラエティ番組などを見るときに便利「声ハッキリプラス」は、ニュースやバラエティ番組などを見るときに便利

生活しながらテレビが見やすくなる! 便利機能がたくさん

そんなわけで、4K対応の全部入りスペックが特徴的なRA1000だが、三菱電機では同時に「生活空間になじむ4Kテレビ」としてもアピールしています。1台あればいろいろできるわかりやすさに加え、テレビの見やすさに配慮した機能も搭載してます。

なかでも、「オートターン」は従来より人気のある便利機能のひとつです。

RA1000はスイーベル機構を搭載していて、リモコンで画面の左右角度を変えられるようになっています。最近は、女性が家事や育児をしながらテレビを見る「ながら見」の需要も増えているようです。オートターン機能を使えば、たとえばキッチンで家事をしているときに、テレビ画面を見やすい角度に調節して楽しむことができます。

RA1000の画面は、左右それぞれ40°の角度に動かせるスイーベル仕様RA1000の画面は、左右それぞれ40°の角度に動かせるスイーベル仕様

リモコンに搭載されている「オートターン」ボタンを押せば……リモコンに搭載されている「オートターン」ボタンを押せば……

自動で画面の角度を動かすことができる。オートターンしている様子は以下の動画を参照のこと

また、Bluetoothによる音声の送信機能も備えているので、Bluetoothヘッドホンやスピーカーにテレビの音声を出力することができる。キッチンに防水タイプのBletoothスピーカーを置いてリビングのRA1000と接続しておけば、料理や洗い物をしながらテレビの音声もバッチリ聞ける。

キッチンで洗い物をしながらテレビを楽しむイメージ。オートターン機能でテレビをキッチンに向けつつ、同時にBluetoothスピーカーで音声を聞くといったことが可能です。もちろん、Bluetoothで音声送信しつつテレビの内蔵スピーカーからも同時に音声出力できるので、ほかの家族は同時にリビングでテレビを楽しめます

 

全部入りだから配線スッキリで掃除しやすい! 生活空間になじむ4Kテレビ

三菱電機がディスクレコーダーを搭載した一体型テレビを世に送り出したのは、2009年のこと。それからずっと、REALシリーズはオールインワンで使いやすいテレビとしての地位を築いてきた。今回のRA1000で、2018年12月のBS/CS 4K放送を前に、全部入りの使いやすい4Kテレビとして新しい優位性を打ち出してきた形だ。

ちなみに、全部入り仕様のメリットはもうひとつある。テレビ背面の配線がスッキリすることだ。別途4K受信チューナーを買い足す必要がなく、HDDレコーダー等がなくても番組録画ができるので、接続機器が最小限で済むからだ。

RA1000の背面は、アンテナ線とコンセントケーブルだけというシンプルな状態RA1000の背面は、アンテナ線とコンセントケーブルだけというシンプルな状態

一般的にテレビの背面は、さまざまな接続機器のケーブルがからんでごちゃごちゃするので、ホコリが溜まりやすいと思います。

それが、シンプルで掃除がしやすくなっているのは魅力で、特に女性はうれしく感じる人も多いはずです。

RA1000は、掃除のしやすさという面においても、わかりやすくて生活空間になじむ4Kテレビなのです。

ご興味のある方は 是非 タケイ電器にご相談ください。 お待ちしています。

The following two tabs change content below.
熊崎 潤一

熊崎 潤一

趣味:家庭菜園 家具製作
特技:カラオケ
自己紹介:少子高齢化が急速に進む これからの時代は リフォームや リノベーションが注目されるのは確実です。今までの経験と 勉強で お客様に寄り添える仕事ができるよう頑張ります。

ABOUTこの記事をかいた人

熊崎 潤一

趣味:家庭菜園 家具製作
特技:カラオケ
自己紹介:少子高齢化が急速に進む これからの時代は リフォームや リノベーションが注目されるのは確実です。今までの経験と 勉強で お客様に寄り添える仕事ができるよう頑張ります。