エアコン選びのポイント①

6月に入りました。

ジメジメした いや〜な季節ですが、梅雨が明ければ いよいよ夏本番sun

この夏 エアコンのご購入を検討されている方もいると思います。

しかし、エアコンのカタログを見ても 「種類や大きさ、機能などが色々あって どのように選んでいいのか分からないdespair」 って方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はエアコン選びのポイントを紹介したいと思いますpaper

まずは・・・

shine①容量を見極めるshine

◎畳数の目安表示に注意sign01

[6〜8畳]と記載があった場合、6〜8畳に適しているという意味ではありません。

木造なら6畳、鉄筋なら8畳という意味になりますので ご注意を!

◎能力(kw)は最大値と幅に注目sign01

冷房能力 暖房能力ともに、この数値が大きいほど パワーが強く広い部屋に対応できます。

( )内の数値は変更できる能力の幅で、この最小値が小さいほど きめ細やかな運転ができます。

また中津川のような 冬の寒さが厳しいところでは、「低温暖房能力」にも 注目していただきたいです。

通常の暖房能力は外気温7℃/室温20℃時の能力を表していますが、より寒い時の能力がわかる数値として「低温暖房能力」は、外気温2℃/室温20℃時の能力を表しています。大きいほど暖房能力が高いと判断できます。たとえ夏買うエアコンでも、冬の暖房をメインで使用するつもりであれば、この数値は要チェックです。

エアコン選びのポイント②につづく・・・